大学受験に打ち勝つには塾に通うしかない!

好印象を与える対策

男女

姿勢や服装に関して

受験では面接を行っているところも多く、面接にふさわしいマナーを覚えなければいけません。面接でも試験官がマナーがちゃんとできているかを厳しく見ているため、それも評価の基準となります。面接での評価を上げるためには、まずは正しいマナーを覚えていく必要があります。面接におけるマナーでは、部屋への入退室の仕方を気にする人も少なくありません。しかし、マナーはそこだけでなく、姿勢や服装なども対象となります。これらが悪ければいくら入退室のマナーが完璧であっても、悪い評価をされてしまう可能性が高いです。姿勢や服装で気を付けたいマナーとは、まっすぐに伸びた背筋や、高校生らしい清潔感ある服装などです。まず姿勢に関しては、背筋が曲がっていたりすると印象も悪くなってしまいます。背筋をを伸ばすだけで人に与える印象も違ってくるので、日ごろから背筋をただす意識を持たなければいけません。そして、服装では制服を正しく着るようにし、髪型についても派手な印象を与えないようにします。髪の長い女子は必ず髪を束ねるようにし、男子は短めの髪型が好印象を与えます。そして、男女ともに学校の指定靴ではない場合、スニーカーではなくできれば革靴の方が面接にふさわしい服装となります。指定靴がスニーカーであれば、必ず靴をきれいにしてから面接を受けるようにしましょう。このような面接のマナーは、学校や学習塾などで指導が受けられます。面接の模擬練習などを行うところもあるので、事前に対策を行っておくと安心です。